top of page

誰ひとり、性加害者にも性被害者にもさせない。

せいしとらんし熊本は、幼児から大人を対象に性教育を行い、

性犯罪予防のための教育と啓発活動を行う特定非営利活動法人です。

性教育は生教育、

人権・コミュニケーション教育。

私たちは命の源である「性」を通じて

自分自身の大切さや他者とのコミュニケーションの基本を伝え

生き方に主体的に向き合う力をはぐくむことができる社会の実現をめざしています。

新着情報

NEWS

お知らせ

講演アイコン_72x.png

2024.6.7

山鹿市教育会特別支援教育部会様にご依頼いただき、お話ししました!

講演アイコン_72x.png

2024.6.7

​和水町職員組合女性部様にご依頼いただき、お話ししました!

CONTACT

お問合せ

​相談(そうだん)はこちらからどうぞ

logo.jpg

​講演依頼はこちらから

​その他お問合せ

こどものみなさんへ

FOR CORPORATIONS

自治体・企業の方へ

0509杉森高校①

成長発達に応じた性教育をすべての人へ

- ともに考え、語り合い、伴走するパートナー

せいしとらんし熊本の性教育は「人権・安全・健康・コミュニケーション」の視点から、成長発達段階に応じた包括的な性の知識をお届けしています。国の方針を理解し、依頼先にあった性教育講演や研修を開催しています。自分が大切な存在であることを知り、いのちを慈しむことを性教育を通して学んでいきます。

​企画段階からご相談いただけます。

ご予算などもお気軽にご相談ください。

団体会員リンク

FOR THE  INQUISITIVE

性教育を学びたい方へ

0509杉森高校②

​性教育を通し「生きる」を伝える伝授者へ

- 性=生を学び、語り合い、共に歩むパートナー

せいしとらんし熊本は性教育を伝えていきたい方のために独自に開発したカリキュラムで講師養成をおこなっています。身体的・精神的な成長発達段階に沿って包括的な性の知識を伝えるために必要な土台を理事長中村と対話を重視したグループで学んでいきます。

「性=生」を学び、語り合い、共に自身を見つめ直す時間を経て、「生きる」を伝える伝授者になりませんか?

FOR MEDIA

メディアの方へ

名称未設定のデザイン_edited_edited.jpg

せいしとらんし熊本の活動の様子を

取材いただけます!

子どもを取り巻く環境はインターネットの普及によって大きく変化しています。なかでも性のトラブルは深刻で、性被害の低年齢化が進む一方、周囲の理解が乏しいことによる二次被害が問題視されています。


メディアの皆様のご報道により少しずつ課題認知が広がっていますが、解決のためにはまだまだ包括的性教育の重要性を伝えていく必要があります。


子どもが育つ環境を保障するために、今後ともどうか性教育とレジリエンス(逆境回復力)の重要性周知にお力をお貸しください!​

FOR SUPPORTERES

支えてくださる皆さまへ

logo_blu.png

「私が私として生まれてきてよかった」

と​誰もが思える社会へ

いま、子どもを取り巻く環境はインターネットの普及によって大きく変化しています。なかでも性のトラブルは深刻で、性被害の低年齢化が進む一方、周囲の理解が乏しいことによる二次被害が問題視されています。 

 

私たちは「誰ひとり、性加害者にも性被害者にもさせない」をスローガンに、性犯罪予防のための教育と啓発活動を続けてきました。

せいらんサポーター皆さまの熱い応援とともに、誰もが「私が私として生まれてきてよかった」と思える社会の実現に向けて

①性教育学習を届け続ける

②性について語り合える環境づくり

に力を入れいます。

ご支援のほどどうぞよろしくお願いいたします。

​お気軽にお問合せください。

電話:096-323-6070

(月・火・水・木・金 @9:00-17:00)

メールアドレス:info@seirankumamoto.com

(24時間受付中)

bottom of page